派遣会社の営業って何?

派遣会社のメリット、デメリット

派遣会社のメリット、デメリット

現在、派遣会社を中心に求職活動を行っています。派遣会社は本当にたくさんあって、そのなかにはまともに機能していない会社も多いと思います。私は複数の派遣会社に登録していますが、登録をしたっきり、何の紹介も連絡もない会社もあります。自分で求人サイトなどで求職活動をする場合と比較して、メリットとデメリットを考えていきましょう。

 

メリットは、派遣会社は社内で選考し、基本的に1人の募集であれば1人の候補者に絞ってから派遣先企業に推薦するので、採用率は自力で探す場合に比べて高くなると思います。しかし、表向き派遣社員(候補者)と派遣先企業の社員との面接は派遣法で禁止されているにも関わらず、職場見学という名目で普通に面接が行われているんですね。そのため、他社競合といって、派遣先企業が複数の派遣会社に声をかけてその中からいちばん条件のいい人を採用するパターンも多いんです。なので、社内選考を通過し、職場見学に行った場合でも採用する確率は50パーセントにも満たないのではないかと思います。

 

他にメリットとしては、自力で探す契約社員やパートに比べると時給は高い傾向にありますね。その代わり、デメリットとして派遣会社は基本的に交通費は支給されません。さらに、条件に合わない仕事紹介も含め、結構電話で連絡があるので、複数の派遣会社に登録しているとひっきりなしに電話がなり、落ち着かないこともあります。そして、派遣会社を通して企業に就業することは困ったりトラブルがあったときに間に入ってくれるメリットもありますが、逆に面倒くささもありますね。欠勤の連絡などは派遣先と派遣元の両方に連絡しなければなりません。さらに、派遣会社は基本的に3ヵ月や半年くらいの更新のことが多く、自分の都合で契約満了で退職できる(期間満了で退職すると失業保険がすぐにでる)メリットもありますが、逆にいえばいつ首を切られるかわからないってことですね。

 

このように、派遣会社を利用するメリットとデメリットは半々といったところではないでしょうか。
私のように、仕事とプライベートをしっかり分けたい、いろんな仕事を経験してみたいという人には、派遣会社はおすすめだと思います。


ホーム RSS購読 サイトマップ