派遣会社の営業って何?

派遣会社と正社員

派遣会社と正社員

派遣社員と正社員は雇用形態が異なります。一言でいうと雇用元が異なります。正社員は在籍している企業で派遣社員は派遣登録している派遣会社が雇用元となります。働き手としては雇用元が異なることにより、守られやすくなるというメリットがあります。一般的に知られているような、働く場所と時間を選べるというメリットの他にも、雇用契約期間中に派遣先での雇用が解除されてしまったとしても、派遣会社との雇用契約が残っているのであれば、派遣会社は次の仕事を斡旋するか、契約期間中の費用を負担しなくてはいけません。正社員であれば、雇用契約の解除をした場合、簡単にいうと赤の他人なので、関係がなくなってしまいます。派遣社員は派遣会社があることにより守られる立場となるのです。
また、正社員だと雇用契約の際に多くの企業は転勤を含んでおりますが、派遣社員は派遣先企業と就業場所と勤務時間・日にちを明記した契約書を発行しなくてはいけないので、その契約書の期間中は原則として転勤を命じられることはありません。本人の意思とは反対に別の就業場所や業務に従事させることは契約違反になるため行えないのです。派遣雇用は働き手に取ってライフスタイルの変化に合わせやすい働き方ができるのと、法的に守られる事が多いので、メリットがあります


ホーム RSS購読 サイトマップ