派遣会社の営業って何?

派遣会社の社会的な役割

派遣会社の社会的な役割

派遣会社の社会的な役割は雇用の創出です。元々は次期によって事務作業が多くなってしまう企業に対して、その期間だけ事務が行える人を送り出していた事が始まりと言われています。(かなり簡潔に述べています。)このような特性上、結婚や妊娠により退職したかたや、休日での時間を余している方達を労働力として、企業の生産性を向上することに貢献し、就業者には賃金を支払うことにより所得を増やすことに貢献しています。大きな考え方をすれば企業の生産性と国民の所得の双方をあげるので、好景気にしていく事に貢献しているといえます。現在では多数の派遣会社が存在し、派遣会社を利用している方も多くいるため、社会的な役割は大きくなっているといえます。また、派遣会社によっては国民のリアルな生活の実態や、特定の業界・業種での労働環境のリサーチを行っていたり、新入社員にむけた就活サポートサービスを行っている企業もございます。生活の多くの時間を占める労働(仕事)を調査分析する機関としても機能しているので、今後も社会的な役割は増していくといえます。非正規社員と聞くとマイナスなイメージが付きまといますが、必要だから存在していますし、担っている役割はしっかりと存在するのです。


ホーム RSS購読 サイトマップ